SD少女パターンセット[Citron]作り方 ◇セーラーカラーブラウス◇

1、衿〜ヨーク切替〜肩 2、袖口あき(いってこい始末) 3、袖つけ 4、えり付け 5、脇〜裾〜袖口カフスつけ 6、胸当て、スカーフ、仕上げ

 

前みごろと袖(上)にピンタックが入るので、裁断前にピンタックを入れた生地を作っておきます。
各パーツごとにピンタックを入れるよりもあらかじめ下図のように一枚の長いピンタック入り布を作って裁断すると、少し楽です。
※このサイズはピンタックが入った状態の参考寸法になります。

その後パーツの必要箇所に芯貼りをし、裁断、ノッチ付けをします。

衿は、中表に重ねて周りを縫い合わせ、カーブに切り込みを入れ、さらにぬいしろ巾は2/3くらいの細さにカットし、表に返してアイロンで形を整えます。
その後セーラーラインの飾りに、細幅リボンなどをたたきつけてラインを入れておきます。
写真は2o幅サテンリボンをダブルでたたいています。いきなりミシンで縫うと曲がりやすいので、しつけをすると失敗しにくいです。
このラインはお好みの幅で入れてください。3〜4mm幅でシングルにしても可愛いと思います。
この時点で、ついでに表カフスにもラインを入れておきます。

ヨークを表裏それぞれ肩線を合わせて中表に重ね、縫い合せておきます。
裏ヨークは見頃との切替ラインを出来上がり位置で折って、押えステッチをかけておきます。

裏ヨークの袖ぐりも出来上がり位置で折り、ステッチをかけておきます。
(肩線の余分な縫い代は切り、カーブは切り込みを入れて折り返します。)

続いて袖(上)、袖(下)、後ろみごろのギャザーよせ位置に、ギャザーよせミシンを入れておきます。
このとき、袖(下)の袖口側には、まだギャザーミシンは入れないでおきます。

後ろヨークとギャザーをよせた後ろみごろを接ぎ、縫い代はヨーク側に倒して表からコバステッチをかけておきます。

袖も同様に、袖(上)と袖(下)をギャザーをよせて縫い合せます。
ここの縫い代はロックミシンをかけてから袖(上)側に倒し、コバステッチをかけておきます。

前見頃は前立て部分にテープ芯を貼ったら、前端にロックミシンをかけ、二つ折りにしてステッチをかけます。
さらに一番外側のピンタックに飾りレースをはさみこみ、たたきつけておきます。

みごろとヨークを中表に重ねて、縫い合せます。

縫い代はヨーク側に倒し、コバステッチをかけておきます。

ヨークとみごろが繋がった状態。表です。
この時点でヨーク切替の上に飾りレースも縫いつけておきます。(前のみ)

 

次へ→

1、衿〜ヨーク切替〜肩 2、袖口あき(いってこい始末) 3、袖つけ 4、えり付け 5、脇〜裾〜袖口カフスつけ 6、胸当て、スカーフ、仕上げ

Copyright(C)peta-peta/yossy All Rights Reserved.